ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

新型インフルエンザ対策

-新型インフルエンザは肺炎で死亡することが多い!-

38.5℃の新型インフルエンザの方が来院されました。
すぐにリレンザを処方しましたが、リレンザに耐性(リレンザでは死なないインフルエンザウイルス)の場合もあるので、どうしたらいいのか調べたところ、『高濃度水素水SWAT』という還元力が-500mvもある水が効くことが判りました。

ただし、『SWAT』を1時間半で3本飲まなくては効果がないことがわかりました。そしてすぐにこのことを伝え、1時間半で3本飲んでもらったところ、ひどいだるさと寒気の症状が次の朝には半分以下になり、熱も36.5℃に下がっていました。

新型でなくとも、2年まえからインフルエンザの時には、高濃度水素水SWATを飲んでもらって、10人中8~9人は次の日に36℃代になり元気になることは、数100人もの飲んでいただいた方の結果からわかっていましたが、新型インフルエンザに対してもSWATは効くようです。できれば一家に3本だけ常備しておいて、誰かが微熱を出したり、風邪症状が出たときに1時間半に2~3本飲ませればよいと思っています。(ただし、これは保険診療ではないので強制ではありません。そしてすぐに病院へかかって下さい。


swat.jpg

酸化還元電位:充填時は-600mv
溶存水素量:充填時1.2ppm
PH値:中性(7.7〜7.9)
栄養成分表示(1本180mlあたり)
エネルギー:0Kcal
炭水化物:0mg 
タンパク質:0mg

ナトリウム:0mg~4.0mg
脂質:0mg

あとは、バンランコンという抗ウイルス作用のある漢方を1日2回服用することや、抗ウイルス作用をもつエキナセアを含んだスバルハーブを服用することも効果的です。

さらに、私が作ったマヤDNAを両足に巻いて寝るのも効果的です。
マヤDNAは、足が温かくなり気持ちがいいそうです。

必要な方はお申し付け下さい。

足首にテープか何かで巻いておくだけでいいです。
靴下の上からだとゴワゴワしません。
さらに医学的に研究され、効果があるものに補中益気湯と十全大補湯という漢方がありますので、これを毎日寝る前に1包でも、朝・夕2包でも飲ませるとよいと思います。

新型はインフルエンザキットでマイナスの判定が出ても、否定できません。早期に対処することが重要です。これから本格的な冬に向けてにインフルエンザ感染がピークになり危険だと新聞でも報じられています。

過労やアルコールを避け、ビタミンCと炭酸(砂糖抜き)を摂って、体の調子を整えましょう。


ステロイド

■ 炎症を抑える力が強い「ステロイド」の「副作用」はあるの?

「ステロイド」又は「副腎皮質ホルモン」には、強い抗炎症作用があり、関節リウマチのつらい炎症症状を抑えます。
ステロイドは、少量で大変良く効くという特性がある反面、副作用が出やすいという面もあります。

主な副作用には、感染症、骨粗鬆症や消化管の潰瘍、動脈硬化、糖尿病の発症や悪化、躁うつ、ムーンフェイス、多毛、眼球突出、緑内障、むくみ、筋力の低下、月経異常などがあります。

また、長期にステロイドを用いていると、もともと自分の副腎から分泌されていたステロイドが出なくなり、副腎が動かなくなって縮んでしまいます。

そのため、急にステロイドを中止すると、体内に必要な量のステロイドがなくなり、体調不良やときにショック症状を引き起こすことがあるため、注意が必要です。

基本の薬「抗リウマチ薬」

■ 関節リウマチを治す基本の薬

関節リウマチの診断を受けたら、3ヶ月以内に用いる必要があるのが
「抗リウマチ薬」です。
免疫を調整することで、結果的に炎症を抑えるという効果があります。

抗リウマチ薬には「免疫調節薬」「免疫抑制薬」「生物学的製剤」の3タイプがあります。

治療が始まったらまず最初に飲むのが「抗リウマチ薬」
抗リウマチ薬には、関節リウマチの免疫異常を正常化させる働きがある。
免疫の働きを調整することで、結果的に炎症を抑える効果がある。
関節リウマチを治療するうえで、基本となる薬である。


zu-menekikusuri.jpg

<免疫調節薬>作用は不明なものの臨床上、抗リウマチ効果がある
<免疫抑制薬>実験によって免疫異常を改善させる作用が確認されている
<生物学的製剤>遺伝子組み換え技術で作られたタンパク製剤。最新治療薬


病気の進行

■ 病気が「進行」すると、関節の「破壊・変形」が起こる!

リウマチの場合、炎症が慢性的に続く主な理由は、自己の組織を攻撃してしまう「炎症性サイトカイン」がとどまることなく出続けてしまうことです。

炎症性サイトカインの放出が止まらないと、関節の軟骨や骨の組織は、次第に破壊されていきます。

「リウマチ」かな?と思ったら

■ 朝の「こわばり」の時点で病院へ!!

関節リウマチで最初に気付く症状は、「朝起きたとき、手がこわばった感じがして動かしにくい」というものです。この時点で痛みがなくてもすでに関節が炎症を起こして腫れているため、こわばった感じがします。

こわばったような感じは、やがて痛みを伴うようになります。関節を圧迫すると痛みを感じる「圧痛」や、体を動かすと痛む「運動痛」が代表的な痛み方です。一方で、何もしなくても痛くなる「自発痛」という痛みを見られます。これらの症状は、体の左右対称に起こります。

■ 「微熱」や「疲労感」は関節リウマチの特徴!

関節リウマチになると、なんとなく体調がすぐれないこと感じることがおおくなります。関節の痛みとともに起こる体のだるさや微熱は、その代表的な症状です。その他、食欲がなくなる、体重が減ってくるという場合もあります。
関節症状に加えて「体のだるさ」「微熱」「食欲不振」「体重減少」などの全身症状が慢性的に続く場合は、関節リウマチの可能性もあります。

公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< January 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53