ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

~アトピーの治療~電池切れになった皮膚電位回復療法


特殊な器具を用いて、皮膚の表面にマイナスの電場を負荷し、
皮膚電位を回復させたところ
約8割の人の皮膚状態がよくなりました。


人によっては、本人も院長も驚くほどの効果がありました。

まさに、これからのアトピー治療を一変させる
治療法の一つであると思われます。

----参考にした研究について----
※参考文献:傳田光洋著 皮膚は考える

皮膚の表面(表皮)は、電池のような役割を果たしています。
これは皮膚電位と言って、皮膚の細胞によって作られています。

個々の細胞は、細胞の外にNaイオンやCaイオンを、
細胞の中にKイオンを出し入れして、
細胞の内外に電位差を作っています。


この電位差を作る「イオンポンプ」の働きは、
表皮が正常に機能するうえで大事な役割を担っています。


健康な皮膚の表面電位は、マイナスの値を示します。
角層直下ではCaイオン、Mgイオンが高濃度で分布していますが、
その代わりにKイオンの分布は少なくなっています。

ところが、何らかの理由で角層がはがれてしまうと、
表面電位は消滅してしまいます。

いわば、放電してしまって、電池切れの状態となるです。

すると、表皮にClイオンが一様に分布するようになり、
皮膚のバリア機能が低下してしまいます。
アトピーの人の肌では、まさに、このような現象が起きているのです。
(下図参照)



このことを逆手にとると、
皮膚のバリア機能を回復させるには、
皮膚の表面にマイナスの電場を負荷すれば良い
ことになります。

この仮説は、皮膚の研究者である傳田光洋先生によって、
実際に証明されています。

皮膚の表面にマイナスの電場を負荷したところ、
本当にバリア機能の回復が促進され、
皮膚の表面電位も元に戻ってくる
そうです。
逆に、プラスの電場を負荷した部分では、
バリア機能の回復が遅れてしまったそうです。





皮膚電位回復療法を受けたい方は、
診察時にご相談下さい。


公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin