ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

食事のこと、生活のこと

過食・飽食はアトピー性皮膚炎の大きな原因の一つです

和食中心・小食中心はアトピーの治療原則
私独自のアトピー退治法は
・発酵食を積極的に利用する
・麹そのものを食べよう
・ぬか漬け・粕漬け(酒粕漬け)・麹漬・麹ハトムギを食べよう
・ビール酵母を摂ろう
・いいヨーグルトを摂ろう

ということです。これだけでも一年くらいでアトピー性皮膚炎とさよならできる方もいるでしょう。基本的に食べ物に感謝し、一粒の米も大事にする気持ちが大切です。

そして
・冷蔵庫の冷たいものを飲まないこと
・食べ物は日本古来の煮る焼く蒸すで調理する
・てんぷらや揚げ物は極力食べないようにする
・旬のものを良く食べる
・良く噛んで腹八分目にする
・早食いをやめる
・食後は大量にお茶を飲み過ぎない
・肉食はさけて魚食にする

ことです。


その他、アレルギーがある場合は特に気をつけた方がいい食品を挙げます。

<牛乳や卵、肉>
腸内に入ると腐りやすいので避ける。またこれらは化学物質を多く含み、我々の免疫をかき乱してしまいます。腸内で腐敗現象が起きると、アミン、アンモニア、硫化水素、フェノールといった毒素が発生し、腸から吸収されると、血液を汚したり肝臓や腎臓に負担をかけます。

<ラーメンなどの加工食品>
日持ちのする食物は防腐剤と似たものが入っている可能性があるので避けたほうがよいでしょう。

<塩>
塩や砂糖は精製しないものを使用します。塩は海藻塩が世界一の塩だと思っています。海藻は海水中にふくまれるすべてのミネラルを吸収し、数倍から数万倍に濃縮して蓄積します。その海藻を海藻塩製法により抽出した海藻ミネラル塩は、細胞の活動に必要な塩化カリウム、マグネシウム、鉄、カルシウム、亜鉛、ヨウドやセレニウムなどのミネラルを豊富に含み、一方で塩化ナトリウムの割合が普通の塩の35%しかありません。アトピー性皮膚炎や高血圧の人だけでなく、誰もが食べたほうが良い最高の塩の一つだと思います。

<アルコールやタバコ>
かゆみの原因になるのでやめる


乳製品は牛乳は避け、LG21ヨーグルトくらいにしておく。LG21でもたまに合わないことがあるので、その時はやめておきましょう。カルシウムは小魚などで十分にとりましょう。
野菜を食べるときは生野菜として摂ったり、温野菜として摂りましょう。
ゆでる、煮る、お味噌汁にするなどして温野菜を摂ると、多少のビタミンは失われても量を摂ることができます。また、アトピー性皮膚炎の人は自律神経の乱れから便秘になり、そうすると悪化します。加熱することで繊維質の摂取がうまくいき、便秘も解消されます。


谷本三雄先生の本にある、これを食べれば大丈夫というものはコチラで紹介しています。

重金属があなたの身体を侵す

アトピー性皮膚炎は、以前(10年前位)はステロイド軟膏を短期間塗れば改善したそうです。今のアトピー性皮膚炎は、塗るのを止めれば悪化を繰り返し、なかなか治りません。

なぜ悪化を繰り返すのでしょうか?私の仮説なのですが、いつもアレルギーを起こさせようとする刺激が、継続かつ連続的に身体に入ってきているか、または身体にいつもあるからだと思います。それはダニのような単純な原因ではなく、我々の生活そのものに深く根ざしているものだろうと思います。ダニは昔からいましたし、ダニを除去しても改善しません。ダニの減感作療法をしても良くはなりません。

たとえば、水や食べ物から入る有害なもの、汚染された空気も考えられますが、日常使う瀬戸物などの陶器から入る鉛などの重金属やお椀の朱塗りから入る水銀などの重金属などが、人の免疫能力の低下を引き起こし、ひいては皮膚への細菌やウイルスなどの持続感染を起こさせたり、アレルギーを修飾して(歪まされた免疫)アトピー性皮膚炎の悪化や持続を招いているのではないでしょうか?というのはアトピー性皮膚炎で漢方が効く人と効かない人がいます。そういった場合の効いた人、効かない人を調べてみますと、アトピー性皮膚炎で漢方が効く人は、水銀やアルミニウム、鉛といった重金属が身体に安全濃度しかなく、アトピー性皮膚炎で漢方が効かない人には、過剰の重金属が入っていることがわかったからです。

それでためしにアトピー性皮膚炎が顔に出ている人にシラントロ(中国パセリ)を塗ってみたところ、20分程でかゆみが消えた人もいます。これらの事から、陶器の茶わんやお皿などからアルミニウムや水銀が毎食ごとに我々の身体に過剰に入ってきて、身体の弱い部分にアトピー性皮膚炎(ゆがめられたアレルギー・免疫の低下が皮膚に起こしている病態)を起こし、繰り返し悪化させるのではないか、という仮説をより信じるようになったのです。

それでは、単純に重金属を除去すれば、すぐ症状は消えてなくなると思われるかも知れません。実際、重金属の除去につれて、重金属の沈着がおこしていた細菌やウイルスに対する免疫や抵抗力の減弱が改善し、回復した本来の免疫力で皮膚のウイルスや細菌を除去できればアトピー性皮膚炎の症状も改善すると思います。一方で改善しない人もいると思いますが、このような人も、ビタミンやミネラルの正常化、食養生、抗ウイルス・抗細菌効果を持つ魚油、電磁波の悪影響を排除し、神経系の流れを改善することができれば、改善するのではないかと思っています。

もう一つ、我々の免疫を弱くさせ、アレルギーを修飾している重金属排除するものがあります。アトピー性皮膚炎に効果があると言われるルイボスティです。シラントロ・ルイボスティ治療で本来の免疫機能を取り戻しましょう。シラントロはO-リング協会会長の大村教授が発見されたもので、現代医学的な証拠がすでにあるものです。飲んで微熱が下がった人や身体が楽になった人も大勢いらっしゃいます。ハーブによる有害重金属除去療法を自分の健康回復の武器としましょう!

その他のさまざまな原因

●毒素汚染
食べ物の中にふくまれる化学物質や抗生物質、ホルモン剤や防腐剤などの化学物質や重金属汚染は、小腸の壁に付着し、胃・小腸の本来の作用である栄養吸収・毒素排泄をうまくできなくさせてしまいます。そうなると小腸から吸収された毒素や重金属がリンパ管を通して体全体に運ばれて行きます。しかし、これらの毒物は重いものが多いので、皮膚の屈曲部や首にたまります。こういった毒素や重金属のたまったところにウイルスや細菌、寄生体が繁殖し、アトピー性皮膚炎をさらに悪化させます。

●ストレスと過労
青年期のアトピー性皮膚炎はストレスによる悪化が多くみられます。

●遺伝
遺伝も関係ありますが、原因の一部です。

●体のゆがみ
頸椎や胸椎、頭蓋骨のわずかなゆがみが、アトピー性皮膚炎の原因になっています。皮膚科でなく、鍼灸や整体でアトピー性皮膚炎がよくなるのはそのためです。

アトピー性皮膚炎は皮膚だけの問題か?

アトピー性皮膚炎をはじめ多くの皮膚病は、皮膚自体に症状が出ていることは間違いないのですが、「皮膚は内臓の鏡」というように、皮膚の問題以外の多くの原因が積み重なって発病します。
たとえば肺や腎臓、肝臓、胃腸などの機能異常が原因となります。アトピー性皮膚炎の人の中には原因不明の視力障害や原因不明の発熱、リンパ節の腫れ、肝機能障害や逆流性食道炎、気管支喘息などを並行して起こす方が非常に多いからです。現代医学的には、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎といって区別されていますが、本来根本は一緒で、内臓の以上が皮膚に現れればアトピー性皮膚炎、気管支に現れれば気管支喘息、鼻に現れればアレルギー性鼻炎と言っているのに過ぎないのです。

治りにくい皮膚炎の増加

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎(あわない化粧品や軟膏でなる皮膚炎でいわゆるカブレ)にかかる方が、最近非常に増えています。それも幼小児のアトピー性皮膚炎の再発ではなく、成人して初めて突然発症した人が増えています。
皮膚科では、抗アレルギー剤やビタミン、それにステロイド軟膏を中心とした軟膏療法で治療しますが、それだけではなかなか完治しない場合が多々あります。
なぜ、このような治りにくいアトピー性皮膚炎が増えてきたのでしょうか。それは、アトピー性皮膚炎をおこす原因が、昔と違って多岐にわたっているからです。


<多岐にわたるアトピー性皮膚炎の原因>

アトピー性皮膚炎が、軟膏治療や抗アレルギー剤といった従来の治療でよくならなくなったのには理由があります。

①食生活の変化
原因として最も重要なのが、食生活の変化です。ここ数十年で日本人の 食生活は和食中心から 西洋的な食事に急激に変わっていきました。そして急にこれまで食べ たことのないような多くの種類の食材を摂るようになりました。
しかし、私たちの胃や腸や腸内細菌といった、食べ物を消化吸収する側は、それに対して迅速 に対応することができなかったのです。その結果、完全に消化できないものや、老廃物があふれ、それがリンパ管を通じて全身の皮膚に運ばれていってアレルギー症状を引き起 こすようになったのです。


②お菓子や嗜好品
食生活の変化と関係がありますが、お菓子などの嗜好品にも問題があります。お菓子などの嗜好品は、腸内にカンジタ菌などの悪玉真菌や、病原性大腸菌を増やし、ビフィズス菌などの善玉菌を減らしていく方向に働きます。実際にお菓子をやめて、アトピー性皮膚炎が完治した人がそのことを作文に書いてくれたほどです。


③電磁波障害が難治性アトピー性皮膚炎を生んだ!
ここ数十年で著しく変わったのは、電気製品の種類と多さです。昔は一家に一台のテレビも今日では各家庭に2~3台あり、形態やパソコンの普及で家庭の消費電力も数倍に膨れ上がっています。そのため、電磁波障害がほとんどの家庭で起き始めています。アトピー性皮膚炎の原因が電磁波によるのかどうか知る方法は簡単です。家のブレーカーを消して一週間過ごしてみてください。湿疹やかゆみがきっと減りますよ。
公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51