ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

サプリメントの利用

アトピー性皮膚炎を改善させる方法として不可欠なのが、ミネラルを摂ることです。亜鉛はもとより、その他の微量元素は皮膚を健康にするためにとても大切です。マルチビタミン&マルチミネラルのような安価なサプリメントを取るだけでも大幅に改善したアトピー性皮膚炎の方が多いです。
アトピーの人は、健常の人よりビタミンやミネラルの必要量が高い場合があるので、B6やB2をトッピングして服用することも有効ですが、脂溶性(油に溶ける)のビタミンであるD、K、A、Eは副作用が出ることもあるので医師に相談するといいでしょう。


◎亜鉛不足は乾燥肌の原因となる
今までに血中の亜鉛不足はよほどの栄養失調の状態でない限り起こらないと考えられてきましたが、食生活の変化によりアトピー性皮膚炎の方は亜鉛が不足している方が多く、亜鉛を補充しないと治りにくくなっていることが分かりました。アトピー性皮膚炎だけでなく、皮膚病の中で、全身型皮膚病では、血液中の亜鉛イオンの濃度が低いことが分かっており、アトピー性皮膚炎の患者さんの中で重症な方ほど、その傾向にあります。亜鉛を多く含む食品を食べてもらうと、血中の亜鉛濃度が正常になり、4~8週間、亜鉛食の摂取の指導で症状が改善したという報告もあります。
亜鉛不足により、免疫能の低下が起こり、感染症に対する抵抗力が低下するため、アトピー性皮膚炎の患者さん特有の、皮膚の黄色ブドウ球菌感染症発生率が高くなり、アレルギー性皮膚炎のおおもとであるアレルギーだけではなく、感染の合併した型で悪化します。血液検査で亜鉛不足が認められたアトピー性皮膚炎の患者さんが、亜鉛と漢方薬を服用すると、乾燥肌の治療が早まり、アトピー性皮膚炎の皮疹が良くなった例もあります
公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin