ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

アトピー性皮膚炎の外用薬

アトピー性皮膚炎の外用薬には様々な種類を症状によって使い分けます。
外用薬の種類は下記の通りです。

保湿剤 
皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを保つ目的で使います。
抗生物質入り軟膏など 
ジュクジュクしたとき、可能したときに使います。
非ステロイド剤 
炎症が軽いときや、ステロイド剤が使えない場所に使います
ステロイド剤 
かゆみの強い湿疹に効果があります。症状や部位により強さをⅠ~Ⅴ郡より選んで
使います。医師の指示をよく守って使いましょう。

【ステロイド剤について】
ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)は炎症を抑える作用があり、皮膚のトラブルをすばやく治すので、アトピー性皮膚炎にはよく使われます。
ステロイド剤は、その強さによってⅠ群(ストロンゲスト)、Ⅱ群(ベリーストロング)、Ⅲ群(マイルド)、Ⅳ群(ウィーク)の5段階に分類されています。赤ちゃんや子供にはⅢ~Ⅴ群の薬を使います。
とくに顔など皮膚のデリケートな部分には体より弱いステロイドを使います。ステロイド剤というと、副作用を心配する方が多いですが、お医者さんは塗る部分や湿疹の状態を考えて薬の種類や回数を決めます。独断で塗ったりやめたりは、お医者さんの判断を誤らせたり、病気を長引かせることがありますから、指示をきちんと守ることが大事です。
チューブに油性ペンで名前と回数を書いておくといいでしょう。ステロイド剤は指示されたところにまんべんなく薄く塗るのがコツ。症状が変わったり、疑問があれば相談しましょう。
公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin