丸山アレルギークリニック

当クリニックの御案内

今、病気そのものが複雑化し、現代医学だけでは治りにくくなっています。これに対して、私たちは、漢方などの東洋医学や電子治療、細胞内診療、交流磁気治療、遠赤外線治療、蓮見ワクチン、丸山ワクチン、岡崎式奇跡の免疫療法などの代替医学を駆使して治療を行っています。それでも、治療に抵抗する病気は多く、これらを治すために、その都度、新たな治療法を開発してきました。その一つの成果が、家庭の電気コンセントから出る有害な人口電磁波を人に有益な人口電磁波に変えるという方法です。さらに、携帯電話などの高周波の電磁波公害を、人にやさしい高周波電磁波に変換する方法も開発してきました。それでも難渋する場合には、地球の持つ磁気である地磁気を人の身体に補うことによって、その人が持つ免疫力を上げる方法を用いています。(というのは、ほとんどの人が過剰な人口電磁波にさらされ、さらに地磁気不足に落ちっているために病気が難治化しているからです。)  最近、特に力を入れているのは経絡磁場療法で、これを用いるとかなりの病気が改善に向かいます。

当院の得意分野は、電磁波障害、自律神経失調症、化学物質過敏症、花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、不定愁訴、子宮内膜症、月経不順、生理痛、原因不明の病気、高血圧、糖尿病、高脂血症などの成人病の治療、循環器、消化器疾患、末期癌や疼痛疾患です。ご期待にそえるよう、職員一同とともに頑張っていく所存であります。

『自分だけの喜びは、どんなに頑張ってもたかが一人ぶん。他人(家族・友人・患者さんなどの自分以外の人)も幸せにすれば、 喜びも自分の分もプラス人数分になる。 そうすれば無限大まで喜べる。』

診察方針

地域の患者さんが安心して生活や就業できるように全力を尽くす。そのため日曜日診療・夜間7時(平日)までの診療を行う。

気管支喘息はもちろんのこと、アトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、慢性じんましん、慢性関節リウマチなどの病気の治療と治癒(根本的治療)を目指し、現代医学と東洋医学を駆使し最高の治療にあたる。

高血圧、糖尿病などの内科的疾患を確実にコントロールし、治癒に結びつける指導と治療を行う。

高血圧、糖尿病などの内科的疾患を確実にコントロールし、治癒に結びつける指導と治療を行う。

現代医学では治療困難な難治性の症状(冷え症や子宮内膜症や慢性疲労症候群などの病気)に対して、ビタミン療法、カラーセラピー、音楽療法、レーザー療法、温熱療法、遠赤外線療法などの最先端医療を適宜、積極的に取り入れ治療する。

保険適用検査について

レントゲン

胸部、腹部、副鼻腔、腰部など必要に応じてレントゲン写真をお撮りします。

肺気量測定(スパイロ)

慢性気管支炎、気管支喘息などの診断や経過観察のため必要に応じて測定します。

超音波(エコー)検査

予約制で臨床検査技師・専門医による検査を行っています。臨床検査技師による超音波検査は、腹部(肝臓や腎臓など)、甲状腺、頚動脈などを行っております。心臓の超音波検査は日曜日のみ、循環器の専門医師の診察で実施しています。必要に応じ、丸山先生が実施する場合もあります。

24時間心電図

心電図の機械をつけて頂き、24時間の心電図の状態をお調べします。通常通りにお過ごしいただけますが、入浴はできません。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療

睡眠時無呼吸症候群の検査(終夜睡眠ポリグラフィー)を実施します。検査装置をご自宅で装着していただき、当院で解析致します。治療が必要と判断した際は、睡眠時に鼻マスク治療器を装置して頂き、いびきと無呼吸を限りなくゼロにし、睡眠を正常に近づけます。

独自の治療について

なぜ丸山アレルギークリニックでは、現代医学に加えて他のクリニックにはみられない独自の治療を行うのか?

当クリニックには、いろいろな現代医学の治療を受けてもよくならなかった方が多く相談にみえます。そこで、これらの人が、なぜ一般的な現代医学の治療でよくならないのかを詳しく調べました。 その結果、現代医学の治療は、臓器の様な物質的・肉体的部分を治すことは得意としていますが、命の根本である生命エネルギーの流れを良くする治療が行われていないことが解りました。 こういった方に、生命エネルギーが流れる治療を行った所、格段によくなる方が現れました。そこで、生命エネルギーの流れを改善させる独自の治療法を開発していったのです。

治療方法

薬物療法

当院では現代医学的薬物治療のほか、漢方や食事療法による治療をおこなっております。例えば、気管支喘息を例にとりますと、気管支拡張剤の中には胃腸に負担を起こすものがありますが、気管支拡張剤を使えない場合、気管支拡張効果をもつ漢方を用いることにより効果があがることがあります。また気管支喘息の発作には、現代医学では気管支拡張剤やステロイド剤の内服または点滴がおこなわれますが、胸中の痰を漢方薬でとることにより現代医学単独治療よりはるかに速く発作を改善することができます。

物理療法(温熱療法)

温熱を体表から与えることにより、体内のリンパの流れや血液の流れが改善し免疫能力の増強や疾患の改善が顕著に認められます。当院では温熱を加える方法として三井式温熱治療器療法を適宜行っております。

カラーセラピー

当院は日本色彩学会に所属しており、リウマチの痛みやアトピー性皮膚炎の痒み、感染症に対して特別に選ばれたカラー(色)の紙を貼ることによって改善させる方法を用いており有効な結果が得られております。

音叉療法

個々人の病気には、一定の周波数の乱れが生じます。この周波数の乱れを正常化させる周波数を持った音叉を用いることにより、現在では不定愁訴や自律神経失調症、自閉症、アトピー性皮膚炎などが改善するようです。 これまでの音叉療法とはまったく違うものです。

細胞内治療(消炎鎮痛処置)

身体の中に還元電子を取り込むことで、血流改善、自律機能神経調整、細胞の酸化度の改善などに効果がみられます。「酸化(サビる)」を抑制する抗酸化作用に注目し、免疫力・循環を改善します。

その他、待ち時間の間などに以下のさまざまな機械をお試しいただけます。
(診察代以外の料金は発生しません。)

交流磁気治療

電気磁気治療器から1秒間に50回N極とS極が交互に入れ代わり発生し、交流磁気で身体を刺激する治療方法です。これが人体各部の血行を良くしコリをほぐします。磁気シャワーの磁気は広い範囲に飛び、身体の深部まで届きます。

ガイア

乗るだけ簡単!薬石浴のベッドです。3種類のパワーストーンのフィールドの中で音と光と音圧振動に共鳴して、体のバランスを整えていきます。

ケイラク治療

経絡とは、血液やリンパ液、神経、そして生命エネルギーが流れる「道」のことで、ここが障害されている人が増えています。機械でツボを刺激することで、神経のバランスが整います。そうすると血液やリンパ液、生命エネルギーの流れが改善されるので、免疫力が高まります。

Page Top